日々☆つれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アートな島in直島

<<   作成日時 : 2007/01/05 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

3日に直島へ出掛けてきました。
同じ香川県なのに、なかなか行った事がない島です。
最近直島は世界でも有名になっているそうです。

同じ香川県でも、直島は島なので、船を使っての移動です。
我が家は車で行くことになったのでフェリーで出掛けました。
フェリー代片道車5250円+大人1人510円+子供料金260円の6020円也。
往復12040円。ちょっと高い?
ちなみに車が無かったら大人2人1020円+260円=1280円×往復=2560円也。
安いじゃん!この方がよかったかも?

サンポートの港で主人&子供二人。
長女は残念ながら今回はこの旅に不参加でした。

画像


船からの景色です。

画像


画像をクリックすると島の真ん中あたりに白い文字が見えます。
そう、ここは桃太郎のお話で有名な鬼ヶ島です。
鬼ヶ島って正式名称は「女木島」ですよね?「めぎじま」って読みます。
お隣には「男木島」(おぎじま)があります。
小さい頃はボートで海水浴に行ったものです。なつかしい〜〜。

画像


瀬戸内海は島がとってもたくさんあって、景色はすばらしいですよね。
こんなところに住んでいるのに、なかなか出掛けないなんてもったいない!

画像



もうすぐ船から出ます。

画像


一番最初に行ったのが、今回の旅の目的「地中美術館」です。

まず最初にチケットセンターへ。

画像


これがまためちゃくちゃ混んでました。
チケット買うのにも整理券が必要で30分以上待ったかな

チケット購入について係りの人から説明までありました。
やっとの思いで、チケット購入。
これが高いんです
大人2000円也。
15歳以下が1000円也。
8000円必要なのね?と思いつつ並んでいたら、係りの人が
「今日はお正月なので子供料金は無料です」って言ってくれるじゃないの!
おかげで2000円浮きました。

チケット購入後、地中美術館のあるところまで少々歩きます。
美術館までの道はお花などが植えられていて綺麗でした。

画像


途中子供達は池に降りて遊び始めました。
画像


そして地中美術館へ到着!

画像


ここから先は撮影禁止ということで写真はありません。

感想から言うと、とても変わった美術館でした。
迷路みたいになってて、途中何度も同じ場所に着たりして
結局1時間近く中にいたのではないでしょうか?
迷う時間が長かったりして(笑)

日本人も多かったけど外国の人たちも多かったです。
隣からフランス語が聞こえたり、英語が聞こえたり、まるで異国の地にいるかのようでした。
やはり世界的にすごい美術館なんですね。
私の頭ではそのすべてを理解する事はできなくて残念!
でも一度行って見る価値は絶対あります。

今回の目的はこの地中美術館だったので、美術館を後にして島を車で散策。

港でこんなものを発見。

画像


実は私たち美術館を観た後、お腹がすいて島の中を食事する場所を1時間近く探し回ったのですが、ない!どこにもない!!
3日だったので、またどこもお店が空いてないのです
食べるものが無いと分かった時点で、なお更お腹がすいてきました。
人間の心理って不思議なものですね。
車の中でお腹のすいた私たちはイライラして口げんかばかり!
今まで食べ物でここまで不自由したことがあったでしょうか?
恵まれた生活をここで改めて感じました。たった数時間お腹がすいただけで何言ってんの?って思われるかもしれませんが、この島を出るまで私たちは食べ物にありつけないかも〜〜?って考えてみてください。(我が家にとっては)結構悲惨なものです(笑)

港近くでやっと見つけたお菓子の自動販売機ほとんどのお菓子が売り切れ状態。
きっと私たちの他にも空腹な人がいたのだと思われます。
なんとか売れ残っていたプリングスポテトチップス(一番小さいやつでなんと150円)を4つ買って、空腹をしのぎました。高い買い物でした(T_T)
ちなみにこの自動販売機、我が家が買い物したあと、すべて売り切れ状態でした。
他の人の事を考えない身勝手な我が家族です(-_-;)

そんなこんなで、結構サバイバルな旅でした。

本当は高尚な美術館めぐりという目的が、我が家にとってはサバイバル体験という皮肉なものになってしまいました。
いつまでたっても、我が家の話題は食べ物から離れられない運命なのでしょうね。

私たちは昼12時40分のフェリーで直島へ行き、夕方5時のフェリーで帰ってきました。
昼から出掛けても十分楽しめます。
皆さんもいかがでしょうか?
ただし、絶対食べ物持参でね。

ブログランキングに参加してみました。

よかったら、クリックしてね。人気blogランキングへ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「直島」に行かれたのですね!私も一度行って見たいと思っていました。のん♪さんのお陰で、下見ができました(笑)
のん♪さん一家にとって「食べ物がない」というのは、大変な状況だったとお察しします。ポテトチップスにがっついているお子様方が目に浮かぶ〜。(笑)
かどブー
2007/01/05 18:09
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。(web上ですいません・・・)
直島って世界的に知られてるって意外ですね。地中美術館ってあまり聞きなれないからかな〜(^^;

のんさんのレポを見て、是非行ってたくさん迷いたいって思いました。そのときは少なくともお菓子持参で(笑)


ぽん
2007/01/05 22:47
かどブーさん、いらっしゃい♪

参考になったようでよかったわ!
他にも家プロジェクトって言うのがあるのだけど、それには行かなかったのが残念です。何しろ途中で空腹になってからそれどころではなかったからね。^_^;
次回必ずリベンジするわ!!
食べ物持参でね。
のん♪
2007/01/06 07:46
ぽんさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

そうそう、直島って今有名みたいだね。
結構面白いところでした。
美術に関心ある方ならきっと満足な場所だと思います。是非行ってみてくださいね。
そうそう、必ず、食べ物持参でね(笑)
のん♪
2007/01/06 07:49
直島ね★私は独身時代に2回程行きました。アートプロジェクト視察が目当ての旅・・・。その時(6〜7年前)は安藤忠雄の建物見学を筆頭に、もっぱら「建物×2」した直島旅行でしたね。

のん♪さんの話を聞いて、また行ってみたいなぁと思いました。ウチも食いしん坊な次女がいますので、ミカン8個位は最低持参ですかね(^0^)
美和ちゃん
2007/01/06 08:30
美和ちゃん、いらっしゃい♪

美和ちゃんみたいに建物に興味のある人だったら、絶対お得な旅ですよねぇ。
我が家では高尚な美術よりも空腹に耐えるサバイバルな旅でしたが・・・(-_-;)

ミカン8個じゃ足りません!!
せめて20個は持って行きましょう!!(笑)
のん♪
2007/01/06 09:51
直島といえば、寺島しのぶだね。行って見る価値はありそうだな。朝一番のバスで出れば、日帰り出来そうだね。ついつい何処へでも行ってみたい私ですが。まず足を治しましょう。上が重たくなってきたら、膝へくるのよ。気付けなくっちゃ!そういえば貴方、ジムに通ってるせいか、すこぶるスマートになっていたなあ!!感心感心!忙しい」最中頑張ってるのん!!
やっちゃん。
2007/01/06 16:14
やっちゃん、いらっしゃい♪

今年もよろしくお願いします!
そうそう、直島といえば、寺島さんですね。
芸能人の方にはとても刺激的な島だと思います。
芸能人というか芸術家というほうがいいかな?
私は残念ながら、アートな心が少ないらしく、お腹がすいたほうが印象的です(笑)

大阪からなら、朝一番のバスでなくても、十分行けると思いますよ。
本州の宇野から直島行きの船が出ています。
宇野からのほうが近いみたいです。
もし、行くのでしたら私もご一緒したいです。
是非声をかけてくださいね。
ところで、膝の方が調子よくないそうですね。
十分養生して3月の舞台に備えてくださいね。
私もとても楽しみにしています。

スマートなんて褒めてくれてありがとう!
でも、標準体重まではまだまだです(-_-;)
お正月で一回り大きくなったような気もします(笑)来週から気を引き締めてジム通いがんばろうっと!!
のん♪
2007/01/06 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
アートな島in直島 日々☆つれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる